FC2ブログ

鏡取り付け位置変更、カーテンふさかけ取り付け

ここで取り付けした鏡の位置を変更します。

流しから反射してテレビを観れるように。


レーザーで大体の高さを出して


重量のある鏡なので、下から重さを受けれるようにブラケットを使用します。

はい、このブラケットもビスも中古ですが、なにか?( ^ω^ )

ユニットバスの扉周りの部品ですねぇ。

鏡の上部はボードアンカー

残念ながらこの部品は新品在庫品(´Д` )

こんな感じ。


再びレーザーで高さを出して。。


あ、下のフェラーリのタオルは19歳の時にイギリスへ旅行したときに購入したものです(^ ^)
物持ちええわ。

ありがちなふさかけでは面白くない。
で、リサイクルショップで見つけたこれ。


こちらが東側なので、朝焼けをバックに撮影しようと日の出の4時44分起きしましたが、朝焼けなかった(´Д` )

もらったクリスマスイルミネーションのLED
裏手に入れてみた。







ちょっとイメージと違うかな。。

諸費用

ふさかけのみ購入したもの。

これが高かった。。


左右セットで




家計、破産するぅー

画像のサイズを若干変更しましたっ

FC2 Blog Rankingにポチッと、拍手がいただけると励みになります!!

FC2 Blog Ranking

薔薇アーチで遊ぼう

門扉


ここに薔薇アーチが欲しい
(^ ^)

こだわりのいつもの材料は手元にあるのもで。



最初は緑のフェンスの網目があったので、
それを曲げてアーチ状にして。。

ふにゃふにゃやないかい。
却下!


次はコンクリートの補強に使うメッシュ。
加工性、強度は良かったのですが、
希望のアーチの高さ幅にするには短い。

溶接?面倒だし。。
薔薇が茂るまでかっこ悪いし。。
錆びるし。。

そんなこんなで、一冬を越した頃アイデア来たー

準備したのは、、


撤去したエアコン配管!
二階につけられていたエアコンの配管なので、長さもバッチリ( ^ω^ )

皮を剥いて、。

銅管にします。

後はうにうに曲げて、半田で溶接!



照明もぶら下げて電気工事はまた今度( ^ω^ )

FC2 Blog Rankingにポチッと、拍手がいただけると励みになります!!

FC2 Blog Ranking

なんか感じた違和感

所ジョージ氏の金髪を黒髪にして想像してみました。


片岡鶴太郎氏と顔がダブりました。

ません?( ̄▽ ̄)


講習に行ってきました。


講習中に感じた違和感。
あれ?思ってた講習と違う。。

受けたかった講習は、足場を組む時に入る資格。

はい、確かにこの特別講習も必要です。

んが、この特別講習は子分の資格。

親分の資格は別の資格だとな( ̄▽ ̄)


全く無意味だったかというとそうでもなく、
ローリングタワーなどを組む時は必要だそうす。

ローリングタワーだけならまだしも、、



最近出来た規定で、脚立に足場板を通して作った足場も無資格で作ってはいけません。

ですって( ̄▽ ̄)

上の画像も、もし、労働基準局の査察?が入ったらNGだそうです。

理由は昇降施設がないがなって。

足場板を通している脚立はあくまで足場。
その足場に登る為に別の脚立を足場代わりにしている脚立に抱かして繋いで下さい。とな( ̄▽ ̄)


今月はもう一つ講習予約済
それは、電気系の講習


9月にも別の講習で支払い済
それは水道系。

多分。7月にもヒマが出来たら講習受けたい。
それは、パワーショベル系。
すでに持っている解体、掴み、整地の3タイプとはとは別のパワーショベル系の資格が出来てた
(´Д` )

それはこれ


移動式クレーン仕様

昔から言われていたんです。
バケットにワイヤーを引っ掛けて、敷き鉄板をなどを吊るなと。

でも、みんなみんな吊ってたんです( ^ω^ )
だって便利なんだもん。

という事で、移動式クレーン仕様のパワーショベルが登場。
これに乗って物を吊るときは、俗に言われるユニックの免許がいりますよーですって。

ユニックの免許で物を吊りますよー

吊る物にワイヤーを掛ける人、玉掛けの資格いりますよー

(´Д` )
玉掛け持ってるけどよー




組合から色々な資格講習の案内が届く。。
まんまと資格商法に乗せられている気がする
( ̄▽ ̄)








FC2 Blog Rankingにポチッと、拍手がいただけると励みになります!!

FC2 Blog Ranking
 
プロフィール

しょべるへっど

Author:しょべるへっど
南大阪で電気業やってます。

最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR